ホームページは目的に合わせて制作!種類別で徹底解説!

ホームページの役割は制作する目的によって変わります。

裏を返すと目的もなく曖昧なイメージで作られたホームページとは

伝えたいことが見えないので結果的に誰の目にも止まらない、

刺さらないホームページってことになりかねません。

 

どんなホームページを作るのかはレイアウトのデザインなども含めて

ホームページを見せたい相手にどんなアクションを起こしてほしいのか

 

目的と手段が一致しなければ結果が出ないのは明白です。

お知り合いの企業やお取引先のホームページを一度見てみるとわかりやすいです。

同一の業種であっても比べてみると全く違っているはずです。

 

今日は目的に合わせたホームページ制作にお役立て頂けるように、

ホームページの種類とその目的についてお伝えします。

目的別で見るホームページの種類

【早見表】目的に合わせたホームページ制作

集客または採用を目的としてホームページを活用するケースがほとんどです。

この二種類の中でも特に集客面に関しては方法が様々で、

集客獲得までにどれくらいの期間で反響を出していきたいのかが重要です。

キャンペーンなどの告知で期間限定、しかも短期的にということであれば、

中長期的な集客を目的としたサイト運営は向かないといった具合です。

 

目的 種類
名刺代わりの会社情報        コーポレートサイト
広告と合わせて短期的集客 ランディングページ
SEO対策から中長期的集客 コーポレートサイトやオウンドメディア
求人採用 採用サイト、オウンドメディア
自社商品の販売 ECサイト
商品やサービスの情報を詳細に掲載し
資料請求や問い合わせに繋げたい
サービスサイト・ブランドサイト
ターゲットに絞った集客 ランディングページ(LP)
サービスサイト・ブランドサイト

コーポレートサイトとは

一般的にホームページと呼ばれるものでイメージされやすいのがコーポレートサイト

インターネット上の会社案内という意味合いが強いです。

企業の取引先や既存顧客、見込み顧客であったり、求職者や投資家・金融機関など

どんな会社でどんなサービスを扱っているかを沿革・経営理念・事業案内で

書かれているケースがほとんどで「名刺」のような意味合いを持ちます。

 

また名刺だけの意味合い以上にコーポレートサイトには目的別で

様々な活用方法があるので例えば「集客をしたい」、「採用をしたい」など、

ホームページの訪問者にアクションを促す役割も持たせることが重要です。

ランディングページとは

特定の商品やサービスを売るために作成するページがランディングページです。

例えばキーワード検索で上位に表示される広告欄などにあることが多く、

見てみると縦長のページとなっていることが多いです。

ネット上でのチラシのような役割を持つページなので、

特徴としては1ページで構成されていて問い合わせや販売に特化したものです。

売り出したい特定の商品のPRや期間限定のキャンペーンなどは

SNSと連動してPRする企業も多くなってきました。

サービスサイト・ブランドサイトとは

コーポレートサイトから商品やサービスの情報をだけを切り出したページが

ブランドサイトやサービスサイトと一般的には呼ばれています。

サービスサイトで狙い所となるのは、現在サービスを利用している既存客と、

これからサービスをして頂く見込みのある潜在顧客の2つになります。

商品やサービスに関するメリットや時にデメリットを提供することで

既存客を繋ぎ留め、新規顧客を獲得するための方法と言えるでしょう。

特定のターゲットを想定したページになるため、誰に何をどのようにという

具体的な部分を作り込む必要があります。

 

ブランディングサイトも似たような意味合いで作られることがありますが、

企業や取り扱う商品のブランディング、イメージアップを目的としています。

近年ではホームページを活用する方法がメインになってきています。

顧客層にとって価値の高い情報を発信して企業の価値を上げていくものです。

最大のメリットはブランディングするだけでなく、検索エンジン対策(SEO)での

上位表示からの流入や、流行りのSNSから集客に繋げるパターンもあります。

そのため、ベネフィット(どのようにして満足できるか)を信頼性と紐づけて

伝えていく必要があります。

具体的には根拠となる情報と合わせて利用した人にとってどんな未来になるのかを

イメージとして伝えていくことが重要です。

採用サイトとは

名前の通り目的としては採用活動の為に作成するページです。

取引先や一般顧客ではなく求職者へ向けて会社を知ってもらうことが目的です。

近年では仕事探しの為にインターネットを活用するケースが増えてきています。

現在仕事をしながらも転職を考える人にとって普段の業務時間外で転職のための

情報を集めるのは根気のいる作業であり、その時間も限られています。

いつもで求人に関する詳しい情報があり会社の魅力を十二分に伝えているような

コンテンツ作りが出来ていればそれだけで競合先から一歩も二歩も前進できると

言えるでしょう。

具体的には福利厚生、現場で働く従業員の声など入を載せて入社前と入社後の

イメージのギャップを埋めることで離職率の低下に繋がったというケースもあります

オウンドメディアとは

継続的な集客を目的としたページがオウンドメディアと呼ばれます。

集客という意味ではランディングページと同じですが、短期間で集客するのではなく

中長期的に継続性のあるコンテンツとアピールが重要な要素となります。

方法としては動画や関連記事による情報の発信を行うため比較的時間がかかります。

それでもやるだけの価値がオウンドメディアにはあります。

コンテンツを充実させることで企業や商品の魅力をしっかり伝えることが出来る為、

顧客単価が高いことが特徴で継続的に集客が行えます。

厳密にいうとコーポレートサイトやサービスサイト、ブランディングサイトなども

自社のメディアとしての括りでオウンドメディアと呼ばれることもあります。

しかしこれは集客だけではなく採用活動にも自社の魅力を様々な方法で伝える事が

出来るので呼称としてオウンドメディアと表記しました。

今日のまとめ

今日はホームページの種類についてご紹介させて頂きました。

それぞれに特量があり全ては達成したい目的に合わせて作られるものです。

短期的な集客なのか中長期的に集客を目指すのか、特定のサービスや商品を

売り出していきたいのか、採用活動に活用したいのか等、あげればキリがありません

またここに予算ということも加味していくとベストな選択は何なのか。

 

・掲げた目標に対してどのようにしたらいいかわからない。

・制作する方向性は決まったが何から始めたらいいかわからない。

・今持っているウェブページに対してどんな活かし方があるのか知りたい

 

こんなお悩みやご意見をお持ちの方は株式会社クーリオまでご連絡下さい。

NEW

ARCHIVE