【土木・建設業向け】他では教えてくれないホームページの必要性

1995年(平成7年)から徐々に普及してきたインターネットにおいて2011年(平成23年)以降のスマートホン移行期から更なる加速を見せてきました。

また昨年からのコロナウィルス感染拡大により非対面・非接触への傾向が強まり、

ビジネスシーンおいては大きな変革期となっています。

また求人市場においてはウェブ面接やリモートワークといった様々な形で今までとは違った求人活動や働き方が注目されています。

これは土木建設業においても例外ではなく、仕事探しにおいてもネットを活用して働く場所を探す人が増えているのが現状です。

 

これからの時代どのようにして人材確保をしていけばいいか。

どうしてホームページが必要なのでしょうか。

 

土木・建設業におけるホームページの必要性とは

大前提として会社が認知されなければ応募が来ないから

求職者に選ばれる会社とそうでない会社の違いとは何でしょうか。

会社規模、企業理念、給与面、労働条件、福利厚生等、様々ありますがその前提になるのは認知されているいうこと。

 

会社の存在を知られていなければ求職者の選択肢になることはありません。

 

どんな会社でどのような事業をしているのかしっかりアピールする場を持つことは必要不可欠と言えるでしょう。

求人媒体だけに費用をかけても反響は取れなくなってきた?

求人媒体だけを見て働く会社を決めるということは近年では少なくなってきました。

ネットで調べればある程度会社の情報が出てくると考える人の方が多くなってきています。

裏を返せばネットで調べても会社情報が出てこなかったり、そこで出てくる情報が古いものや更新が全くされていない会社においては、力を入れている会社との差は歴然です。

 

合わせて読みたい記事

求職者の9割が企業ホームページ、7割が採用ホームページを見ている!

 

採用活動において求人媒体を利用する中小企業は多いですが、近年の求人媒体は職業別に細分化されたものや多様なサービスが増えたこともあり、利用する求人媒体の選択肢が10年、20年前よりも格段に増えています。

 

これは仕事を探す求職活動者においては求人媒体の選択肢が増えたことで多様性を生む一方、全てを確認して取捨選択するには難しくなっている側面もあります。

 

また求人媒体に載せられる情報量は決まっているので競合他社との差別化には向きません。

これではせっかくの求人募集もライバルの会社と変わらないので求職者に向けてのアピールは不十分になりがちです。

求人媒体だけでは反響が取れなった会社始めたたった一つのこと

採用ホームページの必要性

求人媒体だけでは伝えきれない会社の魅力を伝えたり、欲しかった人材からの応募を勝ち取る為に必要な要素が採用ホームページには詰まっています。

 

「人材の確保が急務なんです。」

「思ったような人材からの応募が無くて…」

 

近年ではこのような相談を受けるケースが多く、集客や求人における様々な悩みに対して集客や求人で解決をしてきた実績とノウハウが株式会社クーリオにはあります。

 

土木・建設業必見!2か月で40件近くの反響をとった成功事例はこちらから

 

 

NEW

ARCHIVE